人材派遣会社をフル活用しよう!

派遣会社口コミ比較ランキング

人材派遣会社よく耳にする人材派遣会社は、労働者派遣法のもと、スタッフである労働者を派遣先企業に労働力として派遣しています。労働者を派遣するということで、人材派遣という言葉が使われています。

 

大手の派遣会社は、労働者派遣業という言葉を用いています。多くの派遣会社や、派遣業界では労働者を派遣するという意味で、人材派遣という言葉を使っています。派遣、という言葉自体は実は、介護ヘルパーや家庭教師を現場に派遣する、という意味で使われている言葉ですが、これは労働者派遣法でいう人材派遣とは異なります。

 

即戦力が求められる人材派遣

即戦力クライアントである企業は、繁忙期のスタッフとして派遣スタッフを受け入れることがほとんどです。派遣スタッフには、即戦力となるスキルを期待しています。派遣元は、スタッフのスキルを把握しているので、クライアントの要求にマッチしたスタッフを選んで就業させることになりますが、スタッフの中にはプロフェッショナルな意識が低い人も見受けられます。

 

派遣元がピンハネしているのではないかという誤解

派遣というと、派遣スタッフのお給料を派遣元が半分くらい搾取しているのではないか、という間違った悪いイメージをもたれれいるようです。実際は、派遣元では手数料は35%ほどといわれ、経費を考慮するとそれほど利益が高いわけではありません。

将来のために一時的に派遣社員として働くという選択肢も

仕事を続けながらの転職活動は肉体的にも時間的にも負担が大きいですから、仕事を一旦退職して派遣社員として働きながら転職活動を行うという人などもいるようです。それではこのように一時的な「つなぎ」として派遣の仕事をすることは実際にはどうなのでしょうか。

 

派遣社員として働くことには比較的時間を自由に使えるというメリットがあります。転職活動には面接がつきものなのですが、この時には平日の昼間を面接の時間に指定される場合もあるでしょう。一部の企業では応募者の事情に合わせて柔軟に対応をしてくれるようですが、指定した時間に面接が受けられないのであれば採用はしないという企業などもあるのです。正社員として働いている場合には有給休暇などを利用して面接を受けることになりますが、面接の回数が多くなると対応が難しいケースも考えられます。一方で派遣社員であれば平日昼間の面接などにも比較的対応しやすいはずですから、面接活動を行う場合には派遣社員であることが有利になるはずです。

 

また実際の転職先が決まった場合などでも、派遣社員であれば比較的スムースに新しい仕事を始めることができるはずです。正社員とした働いている人の場合には退職のためには様々な手続きが必要になりますし、また引継ぎなどのための時間も必要になります。せっかく転職先が決まっても前職が正社員だとすぐに働き始めるというわけにはいかないのです。退職のための手続きや時間の面からも派遣社員が有利だといえます。

 

ただし派遣社員として働く場合には、あくまでも「つなぎ」として働いているのだということを忘れてはいけません。派遣社員として働くことがメインになってしまうと、何のために派遣社員を選んだのかわからなくなってしまいます。派遣社員としての仕事にもやりがいはありますし、意外と給料が高かったりすることもあるようです。ただしあくまでも派遣社員は派遣社員ですので、本来の目的を忘れずに転職活動に取り組むことをおすすめします。